デスクトップ、ノート、タブレット、スマホの利点と欠点

PCとスマホどっちがどれだけ便利だろう?などと購入を迷っていらっしゃる方も多いと思います。結局購入にいたるには、自分の使用環境を考えるのが一番です、デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンと今現在多様化したニーズにこたえるため選択肢がたくさんあります。けど、初心者にとっては、結局どれが一番いいの?と頭を悩ませる種になっていると思います。そこで、ハードウェアそれぞれの利点の欠点を書いていきたいと思います。

デスクトップパソコン

利点

高度な処理ができる。
モニターによる大画面出力による見易さ
より迫力のある動画やゲームなどが楽しめる(性能による)

欠点

持ち運びができない
場所をとる
消費電力も大きい

ノートパソコン

利点

どこでもそれなりに高度な処理ができる
形状によるが、動画やゲームなどもできる(性能による)
持ち運びができる。

欠点

高度すぎるゲームや動画処理は苦手
液晶と一体型なので、どちらかが壊れた際はどちらか修理、ということはできない。
液晶が高価
外出の際は以外に重い

タブレット

利点

ノートパソコンよりも持ち歩ける携帯性能
スマートフォンより大きい画面
充実したアプリ、多機能
直感的な入力

欠点

意外に邪魔と感じるときがある。
文字入力やコピーペーストなど精細な操作には弱いので、結局外部入力機器が必要な場合がある。
バッテリー消費が激しいので、充電器などが必須

スマートフォン

利点

どこでも持ち歩ける携帯性能
充実したアプリ、多機能
直感的な入力

欠点

画面が小さく、タブレット以上に精細な操作が難しい。精細な作業であれば外部入力機器必須
CPUの性能にも限界があるので、あまり高度な作業はまかせられない。
バッテリー消費がやはり激しく、充電器が必須。

上記の点があげられると思います、ただこの中でも亜種に入るところで、スティックPCなどがあります。
スティックPCは携帯性にすぐれておりますがうつしだすモニターによっては大画面出力がただやはり性能的にはノートPCのような性能は出せません。
上記の利点や欠点を考え自分がどういった用途で使用したいか?ということが問題になると思います。
インターネットを閲覧できて、メールだけやりたい、たまに動画が見たいということでしたら、タブレット、スマートフォンで十分だと思います。
ある程度のデスクワークなどがある場合であれば、やはりキーボードを常備したノートパソコンがおすすめです。
デスクトップパソコンは高度なPCゲームをするためのゲーミングPC、あとは動画の編集をしたり、RAW現像など、高度な画像処理が必要なときには必要だと思います。
上記利点欠点を踏まえ、使用用途をよく確認して、便利なパソコン機器の購入をしたいものです。